• ゴールドカードはステータスアイテム

  • ゴールドカードをつくるだけつくっておいて、あまり使わないという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。 なぜならゴールドカードというのは、それを持っていることがその人のステータスとなるアイテムでもあるからです。 社長や医者、弁護士など高収入の方がゴールドカードを持っているのはそのためです。 ですがこの様な職業の方たちは、すでに社会的地位も高いと思われますし、そういった方たちというのは大袈裟にその地位や収入などをアピールすることはありません。 時計や靴などでさりげなくアピールするのです。 ゴールドカードもそういったアイテムの中のひとつと言えるでしょう。

    せっかくゴールドカードをおつくりになったのであれば、どんどんと使ってほしいところですが、持っているだけでステータスとなる側面もあるのなら、その様な使い方もありだと思います。 ではここでそのゴールドカードの歴史を振り返ってみましょう。 日本で初めてゴールドカードが登場したのは1980年のことです。 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードが日本初のゴールドカードとなりました。 このカードはその当時、年収1000万円以上なければ発行することができませんでした。

    [お役立ちサイト]
    ゴールドカードやプラチナカードを探せる比較サイトです → クレジットカード 比較